ラブホテルファンドの今後

不動産価格の高騰により、ラブホテルファンドを今後組成をする商品については、現状の市場を鑑みると、これまでと同様に低価格で優良物件を取得することは極めて困難な状況であります。

このまま現状の上昇傾向が続けば、「HOPEシリーズ」でも「HOPEα10」の次からは、8.4%の配当を確保することは非常に難しくなってきそうだとの見方が強くあります。

というわけで・・・。
いよいよ、今回の「HOPEα10」をもって

『 配当利回り“8.4%”は最後になるだろう。 』

との見解が出ていますのでラストチャンスかもしれません。
募集枠も少なくなっているとのことです。

無料で資料請求できます。
まだ1万人しか知らない、8.4%の配当生活。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49563459

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。